古物商許可が必要な場合とは?

メルカリやヤフオクを利用したことがあるという方は多いのではないでしょうか。

自分が行っている取引には古物商許可が必要なの?と不安に思われている方もいるのではないでしょうか。

まずは今やっていること、そして今後やろうとしていることに古物商許可が必要なのかを見ていきましょう。

古物商許可が必要な場合

  • 古物を買い取って売る。
  • 古物を買い取って修理等して売る。
  • 古物を買い取って使える部品等を売る。
  • 古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う(委託売買)。
  • 古物を別の物と交換する。
  • 古物を買い取ってレンタルする。
  • 国内で買った古物を国外に輸出して売る。
  • これらをネット上で行う。

上記の場合は古物商許可が必要となります。

許可を取らずに営業していた場合は、古物営業違反となり、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、悪質な場合はその両方が科せられますのでご注意を。

さて古物とは何ぞやと思われる方は、次の記事を読んでみてくださいね。

 

古物商許可が必要でない場合

  • 自分の物を売る。※1
  • 自分で購入した物をオークションサイトに出品する。
  • 無償でもらった物を売る。
  • 相手から手数料等を取って回収した物を売る。
  • 自分が売った相手から売った物を買い戻す。
  • 自分が海外で買ってきたものを売る。 ※2

※1 自分の物とは、自分で使っていた物、使うために買ったが未使用の物のことです。最初から転売目的で購入した物は含まれません。

※2 「他の輸入業者が輸入したものを国内で買って売る」という行為は含まれません。

 

古物市場主(いちばぬし)許可が必要な場合

  • 古物商間で古物の売買、交換のための市場を主催する。

 

古物市場主(いちばぬし)許可が必要でない場合

  • だれでも利用できるフリーマーケットを主催する。

 

古物競りあっせん業届出が必要な場合

  • インターネット上でオークションサイトを運営する。

 

まとめ

ご自身はどのケースに当てはまりましたか?

許可や届出が必要だと分かった場合は、早速申請の準備をしましょう。