メインで扱う古物の区分はどれ?

申請書を書いていくと、「主として取り扱う古物の区分」という項目が出てきます。

自分の扱う商品はどの古物に当てはまるのかわからない。

そんな方にむけて、古物の区分をひとつずつご説明します。

古物の区分は13品目

古物の区分は古物営業法施行規則に明記されている13品目となります。

①美術品類

あらゆる物品について、美術的価値を有しているもの

美術品類の例
絵画・油彩・水彩・書・リトグラフ・工芸品・版画・銅版画・エッチング・彫刻・オブジェ・石版画・グラフィック・芸術写真・他

②衣類

繊維製品、革製品等で、主として身にまとうもの

衣類の例
着物、洋服、その他の衣料品、敷物類、テーブル掛け、布団、帽子、旗など

③時計・宝飾品類

身につけて使用される飾り物

時計・宝飾品類の例
時計、眼鏡、ウィッグ、宝石類、装飾具類、貴金属類、模造小判、オルゴール、万歩計など

④自動車

自動車、自動車のパーツ類

自動車の例
自動車本体、タイヤ、バンパー、カーナビ、サイドミラーなど

⑤自動二輪車及び原動機付自転車

自動二輪車、原動機付自転車、そのパーツ類

自動二輪車及び原動機付自転車の例
自動二輪車本体、原動機付自転車本体、タイヤ、サイドミラーなど

⑥自転車類

自転車、パーツ類

自転車類の例
自転車本体、空気入れ、かご、カバーなど

⑦写真機類

プリズム、レンズ、反射鏡等を組み合わせて作った写真機、顕微鏡、分光器等

写真機類の例
カメラ、レンズ、ビデオカメラ、望遠鏡、双眼鏡、光学機器など

⑧事務機器類

計算、記録、連絡等の能率を向上させるために使用される機械及び器具

事務機器類の例
レジスター、タイプライター、パソコン、ワープロ、コピー機、ファックス、シュレッダー、計算機など

⑨機械工具類

電機によって動く機械、器具や他の物品の生産、修理等のために使用される機械器具のうち、「事務機器類」にあたらないもの

機械工具類の例
工作機械、土木機械、医療機器類、家庭電化製品、家庭用ゲーム機、電話機など

⑩道具類

他12種類以外のもの

道具類の例
家具、楽器、運動用具、CD、DVD、ゲームソフト、玩具類、トレーディングカード、日用雑貨など

⑪皮革・ゴム製品類

皮革又はゴムから作られている物品

皮革・ゴム製品類の例
鞄、バッグ、靴、毛皮類、化学製品(ビニール製、レザー製)など

⑫書籍

書籍の例
本、雑誌など

⑬金券類

金券類の例
商品券、ビール券、乗車券、航空券、各種入場券、各種回数券、郵便切手、収入印紙、オレンジカード、テレホンカード、株主優待券など

 

主として取り扱う古物の区分は1つだけ

取り扱う商品は色々とあるのよねと思っているかたも、メインで取り扱う古物を1つ決めてください。

申請書の2枚目には取り扱う予定の古物を記載する箇所があります。

サブの古物はそちらでチェックできます。

上記を見てもどれに該当するのかわからない場合は、管轄警察署へ確認しましょう。

それが一番早く解決する方法です。